フルマラソンを走る時も基本は水のみで対応しています

 私は普段からランニングが趣味で、年に2回くらいフルマラソンを走りますが、普段の練習のときも本番の大会の時も水分補給は水のみです。

 周りのラン仲間たちは汗を大量にかく体質のため必ずスポーツドリンクを飲んでいますが、私は汗の量が少ないのであまり飲みたいと思わないし、また飲むと喉が乾いて結局水を余計に飲んで、結果的にお腹がたぷたぷになり走れない・・・レースを失敗したことがあります。いくら汗の量が少ないとはいえ、やはり長時間走るとそれなりの汗は出ていると思います。

 それなのに、なぜ私は水だけで大丈夫なのかと自分なりに考えたのですが、それは食べ物に関係があると思います。前日に食べたものや、当日に食べたものに塩分が含まれているのです。なので汗は出てもまだ体内に塩分はしっかり残っているのではないかと思うのです。普段から和食が多いので、しょう油や味噌で知らず知らず塩分をしっかり摂取しているはずです。

 洋食の場合も塩コショウをかけることが多いのでやはり塩分は足りているでしょう。走る日の朝は必ず塩おにぎりを食べますから、私の体は少々塩分摂り過ぎ状態になっているかもしれません。なので汗をかいても水だけを飲んでいれば体内のバランスがちょうどよくなるのかもしれません。

 そう考えますと、大量に汗をかく人や塩分をあまり摂取していない人はスポーツドリンクなどで塩分を補給しつつ運動しないといけないと思います。私の場合は水ですのでドラッグストアやスーパーなどで安売りしているものを買っています。飲み物の中でも一番安く上がるので得していると思います。

 最後になりましたが、汗はかくけどスポーツドリンクは好きでないという仲間は塩分のラムネ菓子を携帯して走っています。私も一番のおすすめは塩分の飴やラムネ菓子と水で水分補給する方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です